2007年10月04日

抜け毛対策のためには、ストレス対策も重要

スポンサードリンク

 抜け毛対策を考えるには、まずは抜け毛の原因を探し出す必要があるのは前にも述べました。今回は、精神的な要因が抜け毛に与える影響を考えてみます。

 抜け毛対策には、ストレス対策がとても重要です。ストレスはすべての健康にとって敵である、と言っても過言ではありません。ストレスが頭髪に及ぼす影響も少なくはないでしょう。

 ストレスが抜け毛に対して与える影響は、一説では、ストレスなどで緊張すると筋肉が収縮して血管が細くなり毛根部に栄養分が十分運ばれなくなり、毛髪が育たなくなるといわれています。

 ストレスには、自分で意識しているストレスと、自分では意識していない潜在意識下のストレスの、二種類のストレスがあります。ストレスにより、病気などに対する抵抗力・免疫力の低下、成人病、食物からの栄養をきちんと摂り込めなくなるなどの弊害もでてきます。このような弊害の相乗効果で脱毛が促進されてしまいます。

 抜け毛対策のためには、まずはストレスを貯めないようにすることが大切です。考え込み過ぎないプラス思考が大切です。また気晴らしやリラックスする方法を自分なりに身につけておくことが大事です。

 抜け毛の原因となるようなストレス要因を、あなたはお持ちではないでしょうか?あなたのストレス要因となるような日常生活のなかの要因を、すこしずつ取り除くなり、それが無理なら、それを深く考え込みすぎないよう、リラックスした生活を送りましょう。
(それが難しいんですが)
タグ:ストレス
posted by hageo at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 抜け毛対策のために

2007年10月02日

抜け毛体質には男性ホルモンが関係している

スポンサードリンク

 抜け毛はなぜ起こるのか、ご存知でしょうか。抜け毛の原因は、人によりさまざまです。ご自身の抜け毛対策をここで考えてみましょう。

 抜け毛対策を考えるには、まずは自分の抜け毛の原因は何なのか、探し出す必要があります。先ほども申し上げた通り、抜け毛には個人差があります。「なぜ、あの人は抜け毛じゃないのに、自分は抜け毛なんだろう。」と悩んでいる人も大勢いらっしゃると思いますが、抜け毛になるのにもそれなりの原因があるのです。そのおおまかな理由をまとめてみましょう。

 抜け毛対策には、まずはその抜け毛の原因を知らなくてはなりません。まず第1に上げられるのは、遺伝的要因です。親が抜け毛だと将来的には子供も抜け毛になると心配することも多いです。しかし実は遺伝的要素は関係はしますが、抜け毛そのものが遺伝するというよりは抜け毛になりやすい体質を受け継いでいるといったほうがいいのではないでしょうか。抜け毛になりやすい体質であるかどうかには、男性ホルモン(テストステロン)が大きく関係しています。
 
抜け毛の原因となる男性ホルモンとは、テストステロンです。これは、男性の場合、主に睾丸から分泌されるもので、20歳代の男性に多く、歳とともに減っていきます。このテストステロンが多すぎると脱毛が起こります。また、髪の毛を生成する毛包組織がテストステロンに対して過敏すぎる場合は、男性ホルモンが多すぎなくても脱毛が起こります。

 抜け毛対策のためには、テストステロンを中心としたさまざまな原因物質を抑えることが大切です。これらを抑制するためにはフィナステロイドや、ノコギリヤシ、アゼライク酸などの成分が有効とされています。

 抜け毛の防止に有効な、フィナステロイド、ノコギリヤシ、アゼライク酸などの成分が、現在ではいろいろな薬に配合されています。
posted by hageo at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 抜け毛対策のために

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。